2010年09月15日

花粉症のお話

 たまには、お勉強ネタを…


 3大アレルギーと呼ばれる、「花粉症」、「気管支ぜんそく」「アトピー性皮膚炎」の中で「花粉症」についてのお話。


 日本においては、近年「花粉症」の人口が増加の一途を辿っている。

 スギ花粉症の患者数を比べると、農村部より都市部の方が患者数が多いという報告がみられる。

 スギ花粉を浴びる量は、都市部での生活の方が少ないはずなのに…


 なぜ?



 どうやら、花粉症の原因には、花粉飛散量以外の要因も関係しているのでは?



 さて。

 「アジュバント物質」という言葉をご存知ですか?


 例えば、「ディーゼル排気粒子(DEP)」という物質。

 ディーゼル車から排出されるこの物質は、花粉と一緒に体内に取り込まれることで、抗体が作られる量が増えたり、また気道が炎症を起こしやすくなって過敏性を高めたりと、アレルギー反応が起きやすくさせます。

 このディーゼル排気粒子のように、それ自体はアレルギー源にはならないにもかかわらず、花粉、ダニといったアレルゲンと一緒に吸うと、アレルギー症状を悪化させる物質を総称して、臨床的に「アジュバント物質」と呼びます。

 また、このアジュバント物質が、体内でIgE抗体の生成を促進させ、アレルギー症状を悪化させることを「アジュバント効果」と呼びます。

 DEPのほかに、ホルムアルデヒドもアジュバント物質のひとつになります。


 
 アジュバント物質による花粉症の誘発、アスファルト舗装による、地上に落ちた花粉の舞い上がりなどが、都市部における花粉症患者の増加につながっているようです。。


 花粉症の方におかれましては、シーズン中はほんとに大変だと思います。完全治癒できたら良いのですが…うまくお付き合いするしかないのでしょうか。。
 
 

 ちなみに私は、春先になると鼻水が出たり目がかゆかったり少ししますが、今のところ花粉症ではないのが幸いですわーい(嬉しい顔)


 
参考資料:総務省認証 学術刊行物「ほすぴ」




 花粉症予防対策として、装着していることを周囲に悟られない、鼻の穴に詰め込むタイプの高性能アジュバント物質フィルターとかを作れないものか...
posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 15:28| Comment(0) | ぐっちーマニアック情報

2010年07月14日

零戦製作急ピッチ

 ちょっとした?ブレイクタイムを使って…


 目下、40号の製作を終えるところまで参りました。

 飛行機「零戦」飛行機


 下の写真は、ここまでに製作したパーツ一式カメラ

IMG_0068[1].JPG


 現在は、右の主翼の製作に取り組んでいる最中ですon


 地道な作業の繰り返しですが、先に製作した左の主翼よりも、後から製作している右主翼の方がスムーズに作業が進んでいますグッド(上向き矢印)




こちらの写真、奥に写っているのは、操縦席の計器の部分です。LEDライトで一部光る仕様です。

IMG_0069.JPG



 ↓こちらはシリンダー部分。

IMG_0070[1].JPG


 
 ↓左主翼。格納されている主脚は、可動式ですダッシュ(走り出すさま)

IMG_0071[1].JPG




 手元には45号まで届いております車(セダン)


 製作を早く追いつかせたい気持ちは、やまやまなのですが...




 あんまり零戦ばっかりいじっているようではイケマセンたらーっ(汗)





 本業で活躍しなくてはあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 13:04| Comment(0) | ぐっちーマニアック情報

2010年06月26日

零戦製作中…

 昨年夏からコツコツ製作中のディアゴズティーニの零戦飛行機


27~29.jpg

 コックピット内部の制作。

 かなり細かい作業で、だんだんと肩こり気味になってきていますふらふら



30~33.jpg

 左の主翼に、機関銃と主脚を取り付けたところ。30号〜32号の作業。

 この後の、33号の作業(左翼のフラップを作る)でかなり嵌ってしまい、ここまでで一番手こずりましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



 現在、34号の作業中です。手元には43号まで届いておりまして、まだまだ遅れをとっております。。


 細かい作業の連続でますます肩こりになりそうですが、地道に進めていきますon




 かわいい来年夏、完成予定♪かわいい
posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 12:28| Comment(0) | ぐっちーマニアック情報