2012年01月04日

2012年が始まりましたね♪

 2012年

 晴れ明けましておめでとうございます晴れ

 旧年中は、大変お世話になりました。本年も、どうぞ宜しくお願い致しますわーい(嬉しい顔)




 …ということで、今年一回目のブログ更新は、つつじヶ丘整体・何でも係のぐっちーからスタート致します。

 宜しくお願い致します。



 さて、どんなネタで新年一回目を飾ろうか悩みましたあせあせ(飛び散る汗) が、いつもと変わらずに身近な出来事ネタに致します手(パー)




 ↓ご注目下さい!このお蕎麦。
 
IMG_2568.JPG
 
 うどんじゃないですよexclamation

 昨年末に、人生で五回目位?の蕎麦打ちをしました。使った蕎麦粉は、ご近所のそば処「末広」さんのご主人から頂いた、新蕎麦の粉。新しい蕎麦粉は、良く伸びて、打ちやすいのだそうです。



 ↓最初は、ボウルで。

IMG_2562.JPG

 粉を回して、少しずつ水を加えながら…まとまってくるのを待ちます。




 ↓徐々にまとまってきた様。

IMG_2560.JPG

 ここまでくると、力勝負になってきますね。



 ↓いよいよ、まとまった様。

IMG_2559.JPG

一度、綺麗なまん丸にして、これから伸ばしていきます。



 ↓伸ばした様。

IMG_2563.JPG

 まともな道具がないと、ここから先の作業の精度が落ちますねバッド(下向き矢印)



 ↓切れ味の悪い包丁だと、細く切るのが益々難しくてたらーっ(汗)

IMG_2564.JPG

 この麺の太さ、私の能力と道具ではこれで限界ふらふら



 自家製手打ちでの年越し蕎麦。


 如何なお味だったのか…当店スタッフ達に、そっと聞いてみて下さい(私に聞こえないところで)。


 お味良ければ全て良し!
 

ということになりますが、果たして真実はexclamation&question



おしまい。
posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐっちーマニアック情報

2011年08月31日

アミノ酸スコア100

 皆様、こんにちわわーい(嬉しい顔)


 健康管理士一般指導員のぐっちーです手(パー)


 さてさて久しぶりに、健康ネタを。。



 末永い健康寿命を維持するためには、筋肉の量と骨の密度が大切です。



 筋量や骨量が低いまま高齢期に突入してしまうと、


 転倒 + 骨折 = 寝たきり 
 

という式が成立しやすくなり、


 寝たきりの状態が長く続くと、更なる筋量や骨量の低下を招き、転びやすくなって、骨折しやすくなって、寝たきりになりやすくなって… 



 もはや、恐怖ですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



 そうならないために、動ける年齢のうちから骨格筋量や骨量を維持または増やしていく事が大事ですちっ(怒った顔)

 
 そのためには「運動」と「栄養」が不可欠ですねわーい(嬉しい顔)




 「運動」によって疲労した身体を回復、成長させるものが「栄養」であり、とりわけ筋肉や骨にとって大切なものが「タンパク質」です。



 タンパク質は、何種類ものアミノ酸によって構成されていますが、大きく二つに分類されます。


 体内で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼び、体内でほかの栄養素から合成できるアミノ酸を「非必須アミノ酸」と呼びます。



 身体作りには、とりわけ「必須アミノ酸」が重要であり、毎食意識的に摂取する必要があります。




 で。

 ようやく本題に入ります。


 「アミノ酸スコア」という言葉があります。


 これは、必須アミノ酸が人の身体にとって望ましいとされる量に対して、どれくらいの割合で含まれているかを示す指標です。


 最高値は100です。


 アミノ酸スコアが高いほど、良質なタンパク質ということになります手(チョキ)




 身体作りを目指す皆様!
 
 適度に運動して、良質なタンパク質を摂取しましょう。




アミノ酸スコア100の食品例(参照:総務省認証学術刊行物ほすぴ)

牛肉サーロイン、鶏肉(モモ・ムネ・ひき肉)、豚肉(ロース脂身なし)、羊肉(ロース)、レバー(牛、鶏、豚)、卵、牛乳、ヨーグルト(無糖)、アジ、イワシ、サケ、カツオ、マグロ、サンマ、ベーコン、プロセスチーズ、大豆、納豆、豆腐...


 

おしまい。。

 


 




posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ぐっちーマニアック情報

2011年02月08日

寿命

 今回のブログは、なんと!


 加圧トレーニング用のベルトを腕に巻きながら…あせあせ(飛び散る汗)


 のお届けです手(チョキ)


 しかし、すでに四行目で腕がパンパンどんっ(衝撃)です。

 なので、やっぱり外して良いでしょうかふらふら



 さて、今回のテーマは…


 「かわいい寿命かわいい


 2009年の日本人の平均寿命は、

 男性:79.59年

 女性:86.44年

 前年に続き、過去最高グッド(上向き矢印)の数値だそうです。

 また、男女の平均寿命の差は6.85年で、前年(6.76年)より0.09年拡大しています。

 
 平均寿命の延びについては、悪性新生物(ガン)、心疾患、脳血管疾患および肺炎などによる死亡率の減少が影響しているとみられています。


 平均寿命を国際比較するにあたっては、国により作成期間が異なるため厳密な比較は困難なのだそうですが、厚生労働省のデータによると、日本の女性は1985年からぴかぴか(新しい)25年連続の長寿世界一ぴかぴか(新しい)を維持しているのだそうです。

 
 すばらしいですね!


 ちなみに、女性の2位は香港の86.1年(2009年)、3位はフランスの84.5年(2009年)。


 
 一方、日本の男性は2008年の4位から5位に後退、1位はカタールの81.0年(2007年)、2位は香港の79.8年(2009年)、3位はアイスランドとスイスの79.7年(アイスランド2009年、スイス2008年)。

 男性については、世界と比較すれば後退したとは言え、前年より伸びているわけですから良しと言うことで手(パー)


 ところで、日本の出生率については、厚生労働省が発表した「2009年の人口動態統計」によると、2009年の合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳の間に産む子供の数の平均)は、前年と同率の1.37だそうです。

 また、2009年の出生数は107万35人で、前年の109万1,156人に比べて2万1,121人減少しています。


 2009年の日本の人口動態を「出生」と「死亡」で見てみると…

 出生は29秒に1人

 死亡は28秒に1人

 となります。


 こうやって数字で見てみると、徐々に人口減少が進んでいること、高齢化は益々進んでいることが改めて良く分かりますね。



 そんな日本の現状だからこそexclamation


 「健康寿命


 が大切なわけですわーい(嬉しい顔)

 
 
 身体の不調は放置せずに早めに取り除く。

 怪我や病気に打ち負けない体力をつける! 


 
 他人に頼らず、自力で末永く生きていける「身体」。




 必ずや迫りくる自身の老後に向けて…  


 日々、自己管理ですね決定決定決定





 おしまい。 


posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐっちーマニアック情報