2017年07月21日

コラーゲン、始めました。

こんにちは!
右肩関節と左股関節に数年間ダメージを抱えている、ぐっちーです手(パー)


筋肉や靭帯などの、軟部組織への手技療法的なアプローチは様々ありますが…

老化からくる関節の中側のトラブルに対しては、いかんせん手技療法でどうにかなるものでも無くあせあせ(飛び散る汗)


私の右肩は、五年前に発症した肩関節周囲炎(四十肩)が治まって以降も、関節にかかる力の方向によっては、かなりの痛みを感じる日々でして…

トレーニングとストレッチングで、騙し騙しやって来ておりますが、痛みの消失には至らずふらふら


で、最近ひらめき

これ以上の痛みの消失が無いのならば、栄養補給の側面から、体の内側からのアプローチってものを考えても良いのかな?と。


IMG_0442-12c61.JPG


時々、食のセミナーのイベントをお願いしている管理栄養士の高橋先生からの紹介で、アメリカ製のバイオセルというコラーゲンのサプリメントを摂取してみようという事に相成りましたわーい(嬉しい顔)

このサプリメントは、日本でまだ売られていない物なのだそうで、慣れないながらも個人的にアメリカのサイトへ発注!(笑)

毎日、定量のコラーゲンドリンクを4週間。

関節軟骨の栄養素であるコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを含有したこのドリンクタイプのサプリメントで、果たして関節の痛みの緩和がおきるのかexclamation&question

早速、今日から試して、ゴールは来月17日…

経過、結果のご報告は、また後日にグッド(上向き矢印)


お肌にも、栄養素として大変良いそうなので、私のほうれい線が薄くなったら、効いている!という外見的証拠になりますでしょうか(笑)


おしまい。
posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐっちーマニアック情報

2015年03月05日

ミドリムシのサプリを実践してみて...

またも久々になってしまいました、ブログの更新ふらふら

お久しぶりの、ぐっちーです手(パー)

ブログ更新は、不精になっておりますが...フェイスブックの方では結構頻繁にお店の情報を発信しております。。

つつじヶ丘整体⇒ https://www.facebook.com/pages/Life-Fit-Club-%E3%81%A4%E3%81%A4%E3%81%98%E3%83%B6%E4%B8%98%E6%95%B4%E4%BD%93/218947864806692



さて、お題の方に。。

この↓サプリ目


ミドリムシ2680.JPG



摂り始めて二週間経ちました手(チョキ)

今年の初めに内閣総理大臣賞を受賞した「ユーグレナ社」が手がけている、ミドリムシの栄養補助食品なのですが、一種類のサプリメントで59種類もの栄養が含まれているとのことです。。

ミドリムシ2683.JPG

サプリメントだけでなく、お菓子やドリンク、化粧品関係など、多岐に渡って商品化されているようですね。

midorimusi 2686.JPG


詳しい話はコチラにお任せするとして...


実際に私自身で二週間試した時点での感想なのですが、一番感じているのがサプリを摂り始めてからのお腹の調子がずっと整っているということでしょうか手(チョキ)

お腹がスッキリしているので、日中の動きも軽快になりまするんるん



サプリメントって、正直なところ効果があるのかどうか体感しにくいものが多いのですが...

「ミドリムシ」のサプリはしばらく続けてみようかな?と、思っております次第ですon


posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐっちーマニアック情報

2014年07月08日

カブトムシ飼育(成虫〜産卵〜孵化〜蛹〜羽化)考察

こんにちはわーい(嬉しい顔)

最近、生き物の飼育に追われているぐっちーです晴れ



昨日、フラッと立ち寄った本屋さんで見つけた ↓↓ の本。。

IMG_1120.JPG


スムージー作りには、今まで一度も挑戦した事がなかったのですが...あせあせ(飛び散る汗)

本に紹介されているレシピを、試してみたくなりました今日この頃です。

美味しそうですグッド(上向き矢印)




さて、ここから下は、昆虫嫌いな方はスクロールしませんように。。

昨年から飼育しているカブトムシの画像がてんこ盛り??ですのでるんるん






昨年の夏、深大寺方面で捕獲したカブトムシ合計8匹。

夏の終わりに、直径2〜3mm程度の卵を36個ほど採集しまして、腐葉土とクヌギマットを投入したプランターで飼育スタート。


10月に飼育容器を衣装ケースに変更した時の、幼虫君たちが↓↓の写真。

IMG_0589.JPG

IMG_0588.JPG


この時点で、既に終齢幼虫になっていましたひらめき


冬場が近づきますと、さすがに幼虫たちも静かになって餌を食べなくなり、腐葉土・クヌギマットの減りも緩やかになっていきましたが、9月〜11月頃の期間には三回ほど土の全取替えをしたと思います。

真冬を越し、暖かくなり始めた4月と5月に一度ずつ、腐葉土をどっさり入れ替えしまして6月の蛹化を待ちました。



で、6月29日exclamation


ついに、立派に育ったカブトムシ達が土の中から顔を出しましたわーい(嬉しい顔)


IMG_1117.JPG


一番強そうなオスの個体ちっ(怒った顔)

IMG_1118.JPG


既に飼育箱の中では、オス同士のバトルが繰り広げられているようで、体に穴が開いている個体もいますサーチ(調べる)

IMG_1054.JPG


こちらは、メスの個体。




カブトムシの通年飼育は、約30年ぶり位でしたが...

とりあえず、死なせずに羽化までこぎ付けられた事が何よりでしたるんるん




で、只今・・・

里親探しに奔走中だったりします。。ダッシュ(走り出すさま)
posted by つつじヶ丘整体GUCCHY'Sのスタッフ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐっちーマニアック情報